インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

歯科医院はどんな人がいるの?

歯科(歯科医院)のスタッフ構成とは、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・受付などの医療従事者で構成されています。

歯科医師は、診療所や病院に勤務し、虫歯治療や歯周病治療などの診療を行うのがメインですが、それ外にも専門医・認定医資格を持った歯科医師(口腔外科専門医・歯周病専門医・歯科麻酔専門医・小児歯科専門医・審美歯科専門医・インプラント専門医・矯正歯科専門医)など、それぞれが連携して治療・研究を行っています。

歯科衛生士は、歯科医の診療をサポートし、虫歯や歯周病を予防するための歯垢・歯石の除去、正しい歯磨きの指導、などを担当します。最近では、歯科衛生士がメインで施術する、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といった歯ブラシの届きにくいところや磨きにくい汚れ(歯垢・歯石・ヤ二)を専門的な機械を使って取り除く歯のクリーニング法が注目されています。

歯科技工士は、歯科の病院・診療所、歯科技工所に勤務し、歯科医師からの指示のもとで、歯が欠けたり抜けたりした部分を、入れ歯やインプラント上部構造・差し歯・詰め物などで修復する、人工的な歯や詰め物などの製作・加工・修理などを担当します。他には、歯並びを改善するための矯正装置、スポーツ歯学から注目されているマウスガード、事故や手術で失われた顔の一部を回復させる顎顔面補綴物の制作などあらゆる製作に及びます。

歯科助手・受付は、主な業務内容としては、医療行為に当ることは一切できません。器具の清掃・準備、患者の介添、石膏などの練和、受付・事務などです。国家資格がなくてもなれるのが歯科助手です。業務範囲はとても広く多岐に渡っています。治療行為以外の歯科医院での業務全般を任され歯科医院によって違い受付と助手で業務をきっちりと分けている歯科医院が多くなり、医院の潤滑化や患者様へのホスピタリティの向上をはかるためのよりよい人材が医院で求められています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.