インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

保険診療と自費診療って?

次に、診療についてですが納得した治療を受けていただくためにも、歯科医療の仕組みを知っていただくことが必要です。歯科の診療は、保険診療と自費診療(自由診療)とに分けることができます。 保険診療は厚生労働省が指定した保険制度に準じて行う診療です。

一般の医科などでは、保険診療によって基本的に種類があり広範囲で治療を受けることができますが、歯科の治療では、材料や技術によっては、保険の利くものと利かないものに区別されます。

保険治療と自費治療では、型を採るときの材料や修復物そのものの材料の質に差があり、歯の色や細かい部分の精度には、違いが出てきます。とは言え、それぞれの治療には長所や短所があり、患者様のお口の状況やご希望にあってるいかどうかによってもその意味合いはずいぶん違ってくると思います。 

例えば、奥歯の治療でかぶせ物を選択する際、金銀パラジウム合金などの金属を用いた治療は保険治療となります。「奥歯でも白くしたい」と言う場合などは、金属以外でセラミックという変色しない審美性のよいものを使用する自費治療の選択ができます。また、歯がなくなった場合も例外ではなく保険適応のプラスチック製の入れ歯や、自費診療となる素材のいい入れ歯やインプラントにするかの選択ができます。

上記の例のように、保険治療でも状況によっては患者さんの希望を満たす場合もありますし、審美面や精度、快適さなどにこだわれば様々な治療が必要になり、保険では対応しきれなくなります。

患者様の御希望とお口の状況によって総合的に診断した結果からベストな選択をする必要があります。ベストな選択をするためには、まず、治療開始前に患者様側は、ご要望・予算や口腔内の状況(伝えておきたいこと・知りたいこと)などを伝え、医院側は、ご希望を伺った上で、どういった治療が患者様にとってベストなのか総合的に診断・検査(歯について知識や情報・技術の提供)などを行い伝えて、最初の段階で、互いに伝えた内容の認識できてベストな治療の選択ができ口腔内を健康にすることが重要ではないかと思います。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.