インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

インプラントコーディーネーターって?

現在、歯科では、トリートメントコーディネーターやスマイルコーディネーターという職種がインプラントや審美・矯正などの自費治療をメインに診療を行っている医院に専属のスタッフが常駐していることが多くなってきました。

患者様が、どのようなことで困っているのか、治療に対してどのような不安をもっているのか、また、どのような治療を希望されているのかなど、きちんとお話をお聞きした上で望まれている治療を最優先で考え患者さんと医院の重要な掛け橋となっています。

なぜ、そういった専属のコーディネーターが必要か、これは、自費診療は、治療開始前に患者様側のご要望・予算や口腔内の状況と医院側の総合的な診断・検査・知識や情報などを、効率よく双方が互いに認識しあうために必要とされています。

インプラントの場合も然りで、少し前までは虫歯などで完全に歯を失ってしまった場合、それを補う方法は入れ歯やブリッジという方法の選択しかなかったのですが、今ではより自然に且つ耐久性の上でも優れているインプラント治療が主流になりつつあり、一般的に知られるようになってきました。

しかし、インプラントは第二の永久歯と言われるように歯を失った人には夢のような治療ですが、その一方で、患者様にも選択肢が増え、世間ではまだまだインプラント治療って本当に安全なの?とか治療費が高いのでは?とか、手術が大変そう…など、様々な不安な先入観を持っている人も少なくないのが現状です。『痛い』イメージが付きまとう歯科治療全般に言える事ですが、特にこれから一生の歯となるもののことなら、尚更不安を感じ、慎重になるのは当然です。

また医院側もインプラントは、普通の虫歯治療より多くの技術や設備、治療前の計画が必要となり患者様に伝えるべき情報がかなり多くなります。歯科医院の従来の診療スタイルでは、歯科医師の診療をメインとしているため時間の限界や、スタッフ構成では、積極的にサポートできない場合もあります。

治療に費やす時間以上に治療前の相談、カウンセリングが重要となり患者様と医院側との間に中立的な立場のインプラントコーディーネーターの存在が重要視されています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.