インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

歯周病になると歯が抜ける

歯周病は口腔内の歯周病菌により引き起こされる感染症のことで、歯の周辺の歯肉や歯槽骨に影響を与えます。重度の歯周病の場合は、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。主な症状は歯茎の腫れや出血、疼痛などで、悪化すると歯を支える歯槽骨にも影響を与え始め、最悪の場合は抜歯しなくてはなりません。

また、歯周病は慢性疾患のため自然に完治することはなく、放っておくと自覚症状がなくても徐々に進行を続ける疾患です。その他に全身疾患との関係性でも歯周病は、心筋梗塞や糖尿病などと密接な関係にあることが、最近の研究で確認されています。

歯周病のうち、歯肉に限局した炎症が起こる病気を歯肉炎といい、他の歯周組織にまで炎症が起こっている物を歯周炎といいます。また、昔は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、今では「歯周病」という呼び方が一般的になっています。

若いときに歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。35歳以上の約8割が歯周病だと言われています。

原因となるのは口腔内の歯周病菌と免疫力の低下が主なので、規則正しい生活で免疫力を高め、口腔内を清潔に保ち菌の居場所をなくすことで予防することが可能です。

治療法は歯周病菌の住みかとなっているプラーク(歯垢)を除去する方法が主ですが、電気によって菌を死滅させる高周派治療もおこなわれています。また、外見からでは取り除けない歯の根もとにプラークがあるときは、手術で歯肉を切ってはがし、歯垢を取り除く場合もあります。

一度歯周病になってしまった場合には、再度歯周病になってしまう可能性が高くなります。歯周病の予防対策は、プラークコントロールをすることで、正しいブラッシングでプラーク(歯垢)を確実に取り除くことが最も大切なのです。きちんと磨いているつもりでもきちんと磨けていない場合があります。歯科医院でのブラッシング指導なども受け再発を防ぐために歯周病の治療後の定期的なメンテナンスが重要になります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.