インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

インプラントとは

インプラントとその種類

1本の歯が欠損した場合・奥歯(歯列の端の歯)がなくなっている場合・残っている歯が少なくその間が開いている場合・全く歯が残っていない場合などの適応症状に効果を発揮します。

治療法は、歯の失われた場所へ、純チタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける方法を「インプラント」といいます。チタンは医療分野で幅広く活用されている非常に生体親和性の高い素材で、金属アレルギーなどの心配もありません。

インプラントは「第2・3の永久歯」といわれるほど、機能的にも見た目にも、天然の歯の状態に近づけることができます。歯が抜けた方・入れ歯やブリッジでお悩みの方を対象とした歯を再生する治療法です。インプラントの形状につて主なものを挙げると、

スクリュータイプ

現在主流となっているタイプで、ネジのような形をしています。他のタイプに比べ力を均一に伝えることができるため、より強く物を噛むことが可能です。

バスケットタイプ

スクリュータイプとほぼ同じ形ですが、途中にいくつかの空洞部分があるのが特徴です。この空洞部分に骨が侵食することで、高い結合力を可能としました。また、これら以外にも、研究が続けられており、年々優れた形状のインプラントが生み出されています。

ブレードタイプ

現在ではあまり使用されていませんが、T字型をした薄い板状のインプラントで、骨幅の狭い部分でも使用することができます。また、天然の歯の歯根部分と結合させることで、より天然に近い食感を得ることができるという利点があります。しかし、力がインプラントの一点に集中しやすく、破損が起きてしまう場合があるデメリットもあります。

一回法と二回法

インプラントの手術は一回法と二回法があります。

1回法は、十分な骨の高さと厚さで、骨移植の必要もない上に埋入した状態が好ましく、インプラント上部を露出させたままでも、骨との結合に問題がない場合1次手術でインプラント体の埋入とアバットメント(人工歯の支台となる部分)の取り付けを同時に行う方法です。

安静期間を経て型取りを行い、上部構造の作製・取り付けを行います。2回法は、骨の量が不足していて骨移植などの治療が必要な場合や、歯周組織を失っている場合、また、結合が未完了の状態でインプラントが受ける衝撃などにより、感染の恐れがある場合。

1次手術でインプラント体を埋入し、安静期間を経て、2次手術でアバットメント(人工歯の支台となる部分)を取り付けます。2次手術の後に型取りを行い、上部構造の作製・取り付けを行います。抜けた歯の本数や場所によっても治療法は異なり、それに伴い治療費なども大きく変動してしまう可能性があるので注意が必要です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.