インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

骨を再生する治療

GBR法(骨再生誘導法)

歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が吸収されていきます。歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上に人工膜を置きます。歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。

人工の膜には、吸収性のものと非吸収性のものがあり、骨欠損の小さい場合(作る骨の量が少ない場合)は、吸収性のものを使い、骨欠損の大きい場合(作るの骨の量が多い場合)は、非吸収性のものを使うことになります。4~8ヶ月間骨が成熟するのを待ちます。その後、膜を除去すると骨が膜の下に再生していますこの方法により、インプラントが可能になるケースが増加しています。

インプラントを植立する前に行うインプラントの前準備としての方法です。4~8ヶ月間骨が成熟するのを待ちます。それから長期的な安定を図りインプラントの植立を行います。もともと大きく骨の幅がない人などは、このGBR 法を行ってからインプラントを行う必要性があります。

また、インプラントと同時に行う方法もあり、インプラントを行うには骨が少ないが(骨幅に問題があるが)、術前GBR 法をしなくても大丈夫な場合に適応します。インプラントを植立すると同時に膜を併用します。3~6ヶ月後に膜を除去し、上部構造を作成し被せます。

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

歯が無くなると歯槽骨の吸収が進み、上あごには、歯槽骨側と上顎洞側の両方向からの骨吸収が進行することが有ります。上あごの内部には、上顎洞を呼ばれる大きな空洞が存在しています。この空洞は様々な要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。そこで、広がってきた上顎洞に移植骨・骨補填材・インプラント本体の一部などを挿入して、上顎洞の底部を押し上げる技術が開発されました。

ソケットリフト(オステオトーム)

ソケットリフト法は、骨の密度が高まるので歯槽骨のという骨の高さが確保するための方法です。
特殊な器具を用いて上顎洞底部を押し上げ、押し上げた部分に骨補填材を填入します。サイナスリフトとの違いは、サイナスリフトは空洞が1~3㎜で行うのに対して、ソケットリフトは3~7㎜に対して行います。インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から押し上げるので、傷口が小さくて済むメリットもあります。

※歯や口腔内の状態によって適さない場合もあるので、専門医へご相談ください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.