インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

インプラントのメリット

食物などを噛む力が回復

入れ歯やブリッジは歯冠部分のみを再生するため、どうしても歯茎や他の歯に負担が掛かり強く噛むことができません。しかし、インプラントは歯根部分と骨との結合により力強く噛め、歯根に直接噛み心地を伝えることができます

インプラントは周りの歯を傷つけない

従来の治療法は、口の中の歯に欠損した箇所がある場合、健康な歯を削り、ブリッジ等で補ってきました。

例えば、部分入れ歯やブリッジは両側の歯にクラスプを掛けたり、歯を削ったりして固定する必要がありますが、インプラントは顎の骨へと直接固定するため周りの歯を削ることなどが減少され傷つける心配はありません。しかも、歯根を支えている顎の骨は、歯根が無くなると退化してしまい、顔の形が変わってしまったり、残された歯が抜ける原因となったりもするのですが、歯根から埋め込むインプラントは骨の退化を防ぐ効果も発揮します。

また、人工歯なので虫歯になってしまうこともなく、定期的なメンテナンスしだいでは、半永久的に使用することが可能です。また見た目も自然な歯に仕上がります。

体とのバランスが良い

現在では生体親和性を考慮しスクリュータイプのチタンの表面にハイドロキシアパタイト(HA)をコーティングしたものが主流になっています。このチタンという金属は、医科では人工関節などにも使用されている最も体とのなじみがいい金属で、金属アレルギーの可能性が極めて低い金属です

審美性が向上

前歯のインプラント治療の場合は、見た目も奥歯や他の歯と比べて一番重視されます。例えば、前歯1本失った場合でも部分入れ歯などの留め金が見えると目立ちます。またブリッジにした場合も歯と歯がつながっていて不自然に見える場合もあります。やはり、見た目が悪いと笑顔にも自信がなくなってしまいます。人それぞれ骨の状態も違いますし、歯の形も違います。インプラント治療はオーダーメイド治療に対応でき歯の色や形もある程度応対ですます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.