インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

インプラントのデメリット

健康保険が適用されていない

健康保険適応の総入れ歯は、数万円で作ることが可能です。しかし、インプラントは健康保険対象外のため、入れ歯の何十倍といった高額な費用が掛かってしまうのです。まれに、安価な価格でインプラントをおこなう歯科医もいるようですが、手術を必要とする難しい治療法ですし、ただ値段が安いからといった選択はオススメできません。

インプラント治療を行う場合、治療する歯の本数、歯の質、噛み合わせ、骨の状態、歯周組織の状態、回復力など総合的な検査や診断が必要です。そのため、処置、薬品、材料等、治療期間等にコストがかかります。また、オペの術前や術後にかかる治療の回数や薬の処方の有無等、個人差が生じる部分に関しては、お口の状態を見ながら判断することになるでしょう。その内容によって、オペの費用、上部構造の費用以外に、多少の費用がかかる場合があります。

インプラントはオペが必要

インプラントを使用するには手術が必要で、歯科においての外科手術の中では、高度な技術や経験が要求されます。患者様の多くは、「手術」と聞くと誰でも多かれ少なかれ緊張し、不安を抱くものです。

インプラントの手術は基本的には抜歯程度のもので、いたずらに不安を抱くことはないのが事実ですが、やはり手術という言葉がインプラントに対して二の足を踏んでいる原因という方も多くおられると思います。また、子供の頃の歯科治療で痛みを強く感じたために、それがトラウマとなって歯科診療そのものを拒絶される場合があります。

そこで、その不安を解消するために、術前の全身麻酔と異なる鎮静薬を静脈内に投与して眠っている間にインプラント手術を行う「静脈内鎮静法」という点滴による麻酔法を行って不安・恐怖を和らげる方法があります。静脈内鎮静法は完全に意識がなくなる全身麻酔とは違い、手術中は意識を保ったままの状態になります。

治療後にメンテナンスが必要

入れ歯(義歯)やブリッジは耐久性が低い為、定期的に作り直さなければなりませんし、入れ歯は毎日手入れをしなければなりません。どの様な治療もメンテナンスは必要なので、インプラントに限ってメンテナンスが大変というわけではありませんが、インプラントを快適に使いつづけていただくためには、定期的に検診を受けていただくとともに、患者さん自身による毎日のメンテナンスが重要になってきます。

基本的には、天然歯と同じように歯磨きをしてプラークコントロールをするだけです。ブラシで歯を磨くだけではなく、歯と歯の間を掃除するデンタルフロスや歯間ブラシを使います。場合によっては、アバットメントの周囲を専用の道具で掃除していただくこともあります。天然歯より歯槽膿漏にかかる可能性は低いのですが、歯肉に炎症が起きて骨吸収を起こすと、インプラントが抜けてしまうことがあります。

また、インプラントの治療終了後、年に3、4回の歯科医院での定期健診を受ける必要があります。インプラントには神経が通っていませんから、異常を発見することが天然歯よりも遅れがちになります。また、ネジの緩みなどは患者さんには発見できません。それらを見つけるためにも定期検診が必要です。検診では骨が順調についていく方向にあるかを調べるためにレントゲンを撮り、口の中の衛生状態はどうか、かみ合わせはうまくいっているかなどを診察し、上部構造を取り外してアバットメントの状態をチェックをし、掃除をします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.