インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

治療の流れ(1)問診~治療

1.問診カウンセリング

1-1. インプラント治療を始める前には治療計画を立て、口腔内全体の問題を検査し、診断します。
1-2. インプラント治療を受けたい理由や要望などを診ます。 インプラントを入れたい理由や、患者さんのご要望を明確化させます。

2.検査

2-1. レントゲン・CT検査 骨量、骨質、骨形態の予測をするために行ないます。
2-2. 歯を失った原因の検査や口腔内の検査などと骨の様子を診ます。
2-3. 口腔内模型検査 口の中の型をとって石膏で模型を作り、顎の骨の状態、厚み歯肉の状態を調べます。
2-4. 内科的検査 インプラント治療に支障となるような病気や異常がないか検査します。
2-5. 多角的に術後の口腔内予測 適切な補綴物を作るためには、どこにインプラントを埋入するかを検討します。  
2-6. 最終的な治療計画を患者様と話し合いカウンセリングを行います。カウンセリングをしっかり行い、患者様、歯科医両者が納得して、始めてインプラント治療を開始します。

3.治療

3-1. 手術の前に、検査で発見された虫歯、歯周病、歯槽膿漏の治療をします。
3-2. 歯周病などが重度の場合など、傷んだ歯を抜歯することもあり、その部分の治癒を待つため、普通数か月待ってから手術を行いますが、中には抜歯即日や抜歯数週間後に手術をする抜歯後早期埋入法を行うことができるケースもあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.