インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

インプラントの費用の内訳

インプラント費用の内訳

インプラントの費用は、次にように成り立っています。

・検査代・CT検査代
・インプラントのオペ費(骨・歯周再生治療費) ※必要でない場合もあります。
・インプラント体
・上部構造、補綴物の費用

医院によって、様々な料金体系がありますが、基本的に上記のような費用がかかります。

インプラントの費用の平均的な目安となる金額は、1本あたり25万円~45万円が相場です。
但し、治療する本数・咬合・骨の状態・歯周組織の状態などが、患者様ごとに異なります。そのため、必要な検査、処置、薬品、材料等、治療期間等により費用にも個人差が生じます。もちろん、お口の状態を見ながら判断することもあります。

また、複数の歯が無い場合のインプラントでは、埋入するインプラント体の本数や、上部構造の設計の違いで、治療にかかる費用は数万~数十万円の差が生じます。歯や顎の状態によって、適した設計が変わりますので、事前に歯科医師と相談して、自分にあった治療プランを決定して下さい。

医院によっては、多種類のインプラントが選択できる場合がありますので使用するメーカーやインプラントのシステム別に、費用を設定している場合があります。(例、  ブローネマルク・ITI・GC ・3i ・アストラテック・イムテック ・京セラインプラント ・AQB  ・ステリオス ・プラトン ・アンキロス   など)

また、複数の医院に相談や見積もりに行くことも重要です。医院選びに悩まれると思いますが、料金・医院環境や設備・インプラント専門医などの条件が見合っていると感じることのできるところで治療を受けることをオススメします。
手間や時間がかかりますが、セカンド・オピニオン制を実施している医院もあります

自分の症状に対する治療法の可能性を知り総合的に判断し、ご自分の大切な健康のために、信頼できる歯科医師のもとで納得し治療を開始することが重要です。また、分割、各種カード、デンタルローンも扱っている医院もありますので、事前によく確認することもポイントです。

医療費控除の適応

一年間に支払った医療費の合計金額が200万までの範囲で、10万円以上の場合に対象となる一定の金額の所得控除を受けることのできる制度です。
インプラント治療は基本的に高額医療の対象に認められていますので、この制度を使って医療費を軽減することも可能です。
医療費控除の計算方法
(年間医療費-10万円)×所得税率
所得の多い高額納税者ほど還付金も多くなります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.