インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

治療の成功率は100%ではない

歯科においてのインプラントは、最近では定着してきている状態で、このインプラントによる治療をおこなう歯科医院もずいぶん増えてきました。しかし、インプラントは外科手術を受けることになります。

インプラントの成功は 、患者様がインプラントを埋めてその上に人口歯を装着し終わった時に痛みや腫れがなく、しっかり噛む事ができ、痛みや不快感がなく、患者さんが満足した状態が続いている場合です。また治療後のメンテナンスをしっかりしているかどうかなども左右されます。

歯科医院によっても治療体制・インプラント専門医・設備環境・チーム・アプローチなどが違い、歯科医師の技術によって成功率は変わってきます。もし手術が失敗した場合にもケースによりますが、6ヶ月くらい経てば骨が回復し、またインプラントが最度、埋入できる場合もあります。

もっとも高いリスクでは、インプラント治療でどうしても避けられない偶発症の一つに「神経の損傷」というものがあります。軽度のものであれば数ヶ月で回復することもありますが、重症の場合は、麻痺が残ることもあります。

インプラント治療には、オペという認識が必要でありリスクもあるということを認識して治療の内容を知っておくべきです。歯がなくなった場合に選択する他の治療法の入れ歯・ブリッジにも、様々なリスクはあります。ですが、その他の方法にくらべれば、機能面・審美面のおいては、メリットも多く、最新の歯科医療としてインプラントが定着していることも現状です。

もちろん現在最新の技術や材料、研究により歯の寿命を延ばす工夫や審美的にきれいにすることなど、現在の歯科医療においてかなり高い割合で可能となってきていています。インプラントは、年々良い成功率になってきており、上の歯であれば約80%以上、下の歯であれば約90%の成功率が見込めるといわれています

そのようなインプラントの現在の状況を事前に知識として頭に置き、その認識から互いに承諾して患者様と歯科医療人の相互の信頼関係と技術がインプラントの成功率をより高めていくことになります。多様化するインプラントにおいて、歯が悪くなるとすぐインプラントという考えではなく、患者様ご自身の状況を充分に踏まえ、事前に総合的に治療を選択し検討するべきだと考えられます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.