インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

治療後の意外な悪影響

インプラントは咬む力が回復することは、確かですが、天然歯より噛む力が強い傾向があります。

それは、インプラントには天然の歯のように内部に神経が通ってはいない状態です。天然の歯であれば物を噛む強さを脳に伝え、食べ物によって咬合力に強弱をつけ調節するといった機能が働きます。しかし、インプラントはこの調節ができず、物を強く噛みすぎて噛み合う反対側の歯や周辺組織などに悪いダメージを与えてしまうこともあるようです。

天然の歯の歯根には衝撃を吸収するクッションのような歯根膜という膜がりますが、この膜がインプラントにはないため衝撃が直接歯根から骨へと伝わります。そのため、強い衝撃を受け無理な力が加わるとダメージが蓄積してしまう結果となるのです。

力が強く必要な食材は、幾らインプラントでも食べ過ぎれば悪い影響を及ぼします。ご自身の天然歯でも咬み応えの強い物を無理に噛むことが厳しいときもあります。無理に物を噛まなければ、インプラントには影響は出にくいので、普通に食生活していれば、事前に防げます。

定期的なブラッシングをすることや歯科医院で検診を受け、慎重にご自分の歯を大切にし、いつまでもおいしい食事を食べられるように、ご自身の歯のことに興味を持っていただければと思います。また、現状、歯を失っている患者様も今までに歯を失った原因を正しく理解していただいた上で、これ以上、歯を失わないように患者様ご自身による定期的な予防ケアを身につけていただくことも重要です。

そして、患者さんのお口の状況に合わせた個別対応のメンテナンスや予防ケアをしっかりと行っている医院を選択していだく必要もあります。

もちろん、インプラント治療によるアンチエイジング効果で、歯を取り戻すことは、患者様の自信と若々しさを、取り戻すことにもつながります。ただし、インプラント治療は失った歯を取り戻すのに優れた今現在、最新の治療方法ですが、あくまでも人工歯根であることを認識することも必要です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.