インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

専門医や認定医かどうか

インプラント治療は高度な技術と専門的な知識と設備が必要になります。経験豊富な専門医・認定医により診療部門を設け、安全で確実なインプラント治療を行っている医院を選択することもポイントとなります。

現在では数多くの歯科医院でインプラント治療を行うようになってきましたが、実際には経験や技術、設備など、大きな違いがあります。

それでは、どの医院でどの歯科医師にインプラント治療を受けるか?

インプラントを検討されている方は、多くの情報を集め慎重に選ぶ必要があります。例えば、インプラントには、認定医や専門医という制度があり、いろいろな学会やメーカーがインプラント認定医の基準を設けています。ある程度の条件をすべてクリアして認定される学会もありますし、入会だけで認定医になれる物もあります。学会歴の年数・.論文発表 治療療後の経過症例人数・試験などの条件があります

これは、学会がインプラント治療に関して適切で充分な学識と経験を持つ」と認めた歯科医師に対し、日学会として「指導医」や「認定医」の資格を認定・交付する制度です。インプラントの分野に関しては、歯学部時代に臨床的なことまで学習しないため、卒業後にさらなる学識を身に付ける必要があり、定めた資格条件を満たし、認定医試験に合格してはじめて、「認定医」となることができるのです。

また、「指導医」になるためには、長い年月と、多くの論文および臨床の実績が必要となります。インプラント治療を展開する上での安全性と結果を出す能力を世界レベルで指導しているところもあるようです。また、インプラント治療を受ける歯科医院の選択基準は、インプラント治療の実績数も選択のひとつです。実績を多く持つ歯科医は、日本でも限られているようです。

今では、多くの歯科医がインプラント治療を行うようになりましたが、世の中にインプラント治療が登場してから、約40年が経過し、インプラント治療のメリットもデメリットも知り、インプラント治療を慎重に選ばなければならない状態です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.