インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

チーム・アプローチができているか

一般の歯科治療とは違い、インプラントの治療には、徹底した滅菌や準備、優秀なアシスタント、歯科衛生士によるクリーニング、被せる歯を作成できる精密で上手な歯科技工士との連携によるチーム・アプローチが必要となります。

歯科医院スタッフの総合力、チーム力が発揮されると共に、もう一つは、各患者様の症例に応じてしてインプラントに関係する領域の専門家が共に診査・診断を行い、最終的な治療のゴールを設定し、症例に対する共通認識を持った上で、それぞれの専門性を最終結果に向けて統合していくチーム・アプローチです。

インプラントは、補綴、保存、外科、矯正による多角的要素も必要になりインプラント・矯正・審美・予防・麻酔、歯周病、口腔外科などの各専門のスペシャリストが、一つの医院の中で診療に臨むことが患者様により良い技術の提供でインプラント治療の成功率を上げて貢献できるものと考えられています。

そして、集学的治療で欠損補綴の一手法としてインプラント治療が位置づけされるなか、より確実な治療を行うために、インプラント治療の為の環境づくりや患者獲得、術前の診査・診断・治療計画、インプラントの埋入からの被せる歯が入り完成するまでの流れを症例を通して実践的に経験をしたチーム・アプローチの質の整った医院が求められています。

それでも難しい症例の場合は、外部の大学病院や専門医院を紹介してもらうことも重要です。また、手術に際しては、補綴医と、口腔外科専門医、麻酔専門医による安全で確実な手術を行って、インプラントの手術に対して、不安や恐怖をお持ちの患者様に、麻酔専門医による各種鎮静法や全身管理を行うことにより、より安心で快適な治療を実現できます。これにより、多くの患者様に痛みもなく、各沈静法の導入により、手術中の精神的負担も軽減できます。

このように、インプラント治療だけでなくどの治療においても、患者様一人一人の状況を全てのスタッフが理解していることが非常に大切で、質を追求していく治療を常に行うことは、チーム全員がサポートしあいそれぞれの役割が機能し質の高い治療が可能となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.