インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

院内の衛生管理は適切か

インプラント治療は、生体に生体外物質を移植する手術を伴います。植立するインプラントはもとより、手術器具等の滅菌レベルは、最高レベルを維持しなければなりません。無菌室に近い環境体制になるよう心掛けているかどかも医院を選択する一つです。

院内感染の防止や、手術を成功させるためのインプラント専用のオペ室があり、器具の洗浄機・滅菌パック・滅菌器による滅菌システムで感染対策を行い、患者様が安心してインプラント治療を受けられるよう、衛生管理が医院で実施されているかどうかです。

その滅菌する医療器具に自動洗浄消毒器。歯周病予防治療、虫歯治療からインプラント治療に至る器具を消毒できるオートクレーブは、蒸気を送り込むことにより高圧高温状態を作り出す重力置換オートクレーブが主流となっています。治療後も患者様ごとにエプロン・コップなどを使用し、1回ごとにユニットも消毒し、床も清拭します。使用器具は全て過酸化水という水や塩を利用した安全で有効な消毒で殺菌します。

その後、患者様ごとの滅菌パックに入れ、オートクレーブ滅菌し、全ての菌を死滅させます。また、診療室内は空気清浄機などにより、汚染物質を排除し、院内感染源の飛散を防止などを行う対策などがあります。

インプラントの手術中は、感染を防ぐための清潔度の高い完全個室がよいようです。無影灯等の設備を完備しての術室を備えていることが良いといわれていますが、全ての歯科医院に手術室があるわけではありません。

インプラントは外科処置ですので手術室で行う必要性がありますが、手術室がない一般の診療チェアでもインプラント手術は可能です。インプラント治療を受けられる際には専用手術室ではなくても、滅菌環境や清潔にしている医院であれば、問題はないのですが、今まで通常に歯を削っていた場所で、滅菌管理もせず、隣では普通に診療しているような環境は好ましくありません。

最近では、手術室を備えた歯科医院も増えてきているようです。歯科医療従事者の衛生管理の意識も高くなっているようですが、インプラント手術に際して、衛生的な体制が整っているのか医院全体が細かく注意をしているということが大切です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.