インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

入れ歯も扱っているかどうか

入れ歯の種類も豊富にあり、患者様の状況によって使い分けて選択できます。歯がなくなった後の治療法の選択として、インプラント同様に充分に検討できる治療法です。

入れ歯の場合は、インプラントと違い、保険適用の入れ歯と自費診療となる入れ歯があります。

まず、保険の入れ歯は歯の部分の人工の歯に使用する種類が限られている為、歯の色、形のバランスを再現することが限られる場合があります。歯茎や床の部分は樹脂でできているため金属と違い割れやすい、厚みがあります。また、熱を伝えにくい材質なので、食べ物の温度、味覚が感じにくくなります。

また、保険の部分入れ歯の場合は残っている歯を取り囲むようにして入れ歯を固定します。その為、歯の状態によっては、笑ったときに見えたり、口の中で違和感がある場合があります。

自費の入れ歯は、保険の入れ歯より高額になりますが、材質や形体をオーダーメイドで作製できます。歯茎の代わりになる部分などは、汚れがつきにくく、装着感もよく、ある程度、ご要望にあわせた形態を作ることも可能です。床も部分的に加工でき、入れ歯が落ちないように固定したり、入れ歯で噛んだ力を粘膜に伝えやすくする素材を選択できます。金属を使用した場合は、薄く装着感がよいようです。

入れ歯を残っている歯に固定する装置も保険の入れ歯のように残っている歯に必要以上の負担をかけず、歯を長持ちさせることが出来ます。種類によっては、外から留め金が全く見えないので、入れ歯をしていることが分かりにくく審美性が向上します。 そのような自費の入れ歯には、種類が多くあり、特殊なアタッチメントを使用し留め金(バネ)を使わないため、ピッタリと口に収まり、適合性が良い物や生体用シリコンの粘弾性を利用した咬合力をアップさせるもので素材を利用した歯槽骨の保護ができ、長期にわたる義歯の維持安定を実現します。その他にナイロン系の素材などの入れ歯もあり、薄くて軽い仕上がりが可能です。弾力性が高い為破損にも強く、金属を使っていないので、残った歯を痛める事が少なくてすみます。

このように入れ歯も近年、インプラントと同様に研究されており、インプラントに比べて安価であることも確かです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.