インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

基礎検査は精密か

インプラント(人工歯根)治療を適切に行なうためには、額の骨の状態を詳しく調べることが重要です。

そこで病院でCT検査をおこなうことによってあごの骨の断面画像を撮影し、歯科医院ではその画像を見ながら治療の計画を立てます。よくX線撮影(レントゲン・パノラマ)を採りますが、これは一方向にX線を透過させただけの簡単なもので、インプラント治療の場合に骨の状態を確認するには、情報が不足になり、詳しく立体的に見たい位置の画像をすべて撮影しなければなりません。

もちろん、X線撮影をした画像は、歯の様子や虫歯の治療をするのにはとても役に立ちますが、インプラント治療においては、あごの骨の厚さや形を調べることが必要不可欠です。CT撮影した画像からは、顎の骨の形や硬さがわかるだけでなく、鼻の病気や神経の位置なども調べることができます。

しかし、従来の医科用CTには、スライス幅が厚く(最小で0.5mm~1mm)、微細な歯や顎の構造を調べるには不鮮明、被爆線量が非常に大きい、歯科用金属(冠など)でのX線の反射により、画像が大きく乱れる、といったインプラント治療など歯科領域で利用する上での大きな欠点がいくつかありました。

そこで、最近では、歯科で従来型のCTとは全く様式のことなるコーンビーム式のCTが導入され普及してきています。従来の医科用CTと比較して0.2mm単位のスライスで、歯や顎の骨の微細な構造を知ることができ、被爆線量が非常に少ないメリットもあります。口腔内にもともと入っている、歯科金属による画像の乱れが非常に少なく、インプラントに必要な正確な診断が可能です。

大規模な総合病院などにしか、設備としてなかった歯科用CTですが、一般の歯科医院でも導入が多くなってきています。CT検査のために大規模な病院へ撮影に行くことなく、CTの設備がある歯科医院で全て診査・診断・治療してもらえるということが最大のメリットと言えます。インプラント治療を行う際に、歯科用CTがある医院を選択するのも、医院選びのポイントになります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.