インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

素敵なインプラント事例

・患者様の声 50歳 男性

この患者様は、下の奥歯が2本なく、部分入れ歯が入っている状態でした。その部分入れ歯が10数年使っていらっしゃったそうなのですが、違和感がありそろそろ作り直さないそうかと思っていたそうです。

カウンセリング時からインプラントを希望されていましたが、その時は、インプラントの治療のことがはっきりとしたことがわからないとのことで、詳しく説明させていただきました。その時点で、昔から歯科について恐怖感があり痛くしなでほしいといったご要望がありました。

そういったご要望に答えられるように麻酔の方法なども詳しくお話させていただき、治療前に納得され、精密な検査をし、この患者様の場合は、インプラントを埋入するため骨の厚みや状態がよかったので、骨造成を選択しなくてもよく、治療開始から治療終了までスムーズに運びました。

一番気にされていた痛みのことも手術直前には、緊張もされ心配されていましたが、気がついたら終わっていたと言ってくださっていました。これからもメンテナンスにご協力をお願いし、インプラントを長く維持していただきたいと思っています。

・患者様の声 45歳 女性

もともと、前歯にブリッジが入っていて歯茎とブリッジの境目の見た目が黒くなっていることと周りの歯とブリッジに形や色が不自然なところも気にされていていました。また、何度かブリッジが脱離したこともあったそうで、その改善点の方法の説明をブリッジとインプラントの両側面のメリットとデメリットをお話させていただきました。患者様が選択された結果は、インプラントを希望されました。

歯がない部分にはインプラントを1本埋入し、ブリッジの支えとなっている歯には、つながっていない単独の被せ物で治療を行いました。その支えとなっていた歯には、金属の土台があり、歯茎が黒くなっていた原因の金属を取り除くため、これを取り除いて生体親和性が高く適合の良いファイバーコアという土台と交換し、その上にセラミック制の審美性が優れている被せ物を選択されました。

インプラントの部分も上の顎に埋入するため慎重な治療や計画のもと、7ヶ月ほど治療期間がかかりましたが定期的な通院のご協力のもと、最終的な上部構造の噛み合わせなど慎重に専門医がチェックし、良好に使用されているということです。また、審美的にも自分の歯と区別がつかないほどきれいだといっていただき、自然な仕上がりに満足されて、大きく口を開けて笑うことができるようになったのでうれしいとのことでした。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.