インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

歯科医師(しかいし)

いわゆる歯医者さんです。

日本全国で約10万人の歯科医師免許所持者がいて、大多数が自営の歯科診療所、共同診療所、事業所診療所、病院歯科などにおいて歯科医療に従事しています。また大学で教育や研究をしている人や公務員として保健の指導に携わっている人もいます。

厚生労働省所管の国家資格であり、厚生労働大臣の行う歯科医師国家試験の受験資格は高等学校卒業後、文部科学大臣の認定した6年制の歯科大学や大学歯学部において歯学の正規の課程を修めて卒業した者、また歯科医師国家試験予備試験に合格し合格後1年以上の診療及び口腔衛生に関する実地修練を経た者などとなっています。

この試験に合格し歯科医籍の登録を申請して厚生労働省から歯科医師免許証が交付されます。年に2~3千人が免許証を受けており、歯科医師一人当たりの人口が10年ほど前の約1500人から約1200人にまで減ってきています。また人口と歯科医師数が反対曲線を描いていることからも患者数の減少は避けられない現象となっており、それ以前の問題として、毎回の治療に技術力が反映される歯科医師の場合、技術力の差など様々な要素によって担当する患者の数に大きな違いが生じています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.