インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

小児矯正(しょうにきょうせい)

小児の間は骨や歯がまだ柔軟であることで大人になってから矯正治療を受ける場合と比べて、短い期間で矯正できるという利点があります。短い期間と言っても矯正完了には最低で2年は必要です。

また矯正器具をつけていることで歯磨きが面倒になり虫歯になった場合などは、まず矯正器具を取り外してまず虫歯の治療が優先されます。そのため矯正器具を再装着する際には器具の作り直しを余儀なくされることも考えられ、矯正完了までの期間が延びてしまうこともよくあることです。

最近は矯正器具の種類も増え自分で取り外しでき普通に歯磨きが出来るクリアアライナーと呼ばれるものがあります、ただこの器具の場合は、矯正が進んで歯の形が変わり次の段階に進むために矯正器具を作るたびに歯型を取る必要があります。

また同じような器具でインビザラインと呼ばれるものは治療開始時の患者の歯型を元に、治療の進行状態に合った矯正器具をコンピューターで作成するため、歯型を取る回数は格段に少なくなりますが、万が一矯正治療中に虫歯になっても歯の形が変わってしまうため虫歯治療が出来なくなるというリスクがあります。矯正方法や費用などについて担当する歯科医から納得できるまで十分に説明を受けて進める必要があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.