インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

滅菌パック(めっきんぱっく)

近年の殺菌消毒法技術の進歩は著しく、人への安全性は言うまでも無く自然にも配慮した専門的で高度な手法が開発され、適切な方法を用い有害微生物を制御することで恐ろしい感染症を予防することが可能になってきています。

あらゆる分野で必要とされている殺菌消毒の手法として大まかに物理的殺菌と科学的殺菌の2つに分類されます。

歯科診療所などで日常的に使われている滅菌法にオートクレーブ滅菌といわれるものがあり、これは物理的殺菌に属しています。専門研究など特別な分野で使われるものを除き、一般の診療に使用するピンセットやはさみ或いは歯科医が使用する切削器具、ミラーなどは高温に耐えるポリプロピレン系の材料で作られた、気体と蒸気のみ透過させることが出来る滅菌パックに封入し、オートクレーブ装置に入れて滅菌します。

また科学的殺菌に属するホルマリンなどを使用するガス滅菌を行う際にも材質は異なりますが滅菌パックが使われています。使用する時まで滅菌処理したパックの状態のまま紫外線保管庫などで保管し、パックされた治療器具を患者の治療開始直前に開封することで使用時まで滅菌状態が保持され、現在多くの医療機関において感染症予防の一翼を担っています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.