インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

象牙質(ぞうげしつ)

顎の骨の中でエナメル質を形成するエナメル芽細胞と、ほぼ同時進行で象牙芽細胞によって作られる象牙質はエナメル質に比べればやわらかく、骨よりは硬い性質を持っています。70%がハイドロキシアパタイト、20%が膠原繊維と非膠原性たんぱく質、残り10%が水で構成されており、歯冠部から歯根部までの歯の大部分を占め歯の形を作っている組織です。

この象牙芽細胞は歯が生えた後も象牙質と歯髄の境界部にあって必要なときに象牙質を形成することが出来、歯根の形成が完了するまでに作られる象牙質、完了後に作られる象牙質、う蝕(虫歯)等によって刺激をうけて作られる象牙質などをそれぞれの名称で区別する場合もあります。

この象牙質はエナメル質で覆われていますが歯茎に近い歯の根元の部分では長年にわたるかみ合わせの際の圧力によって、エナメル質が少しづつ欠け、直下にある象牙質が露出してきます。象牙質には象牙細管と呼ばれる微細な管が集まっており、これが歯の中心部にある歯髄(血管・神経)と繋がっているため、この露出部分の象牙細管を通じて温度による刺激や食物の化学成分などによる刺激が歯髄に伝わってしまい知覚過敏症が発現します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.