インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

セメント質(せめんとしつ)

歯の歯冠部で象牙質を覆っているのはエナメル質であり、歯根部においてその役割を担っているのがセメント質です。

骨と同程度の硬度を持ち60%を占めるハイドロキシアパタイト等の無機質、主たるたんぱく質がコラーゲンである有機質が25%と15%の水で構成された組織で、顎にある歯槽骨と呼ばれる骨に歯をくっつける役目をしており加齢と共にセメント質は厚さを増します。

セメント質には歯根膜(歯周靱帯)と呼ばれるコラーゲンを主体とした線維質のものが束になって入り込んでおり、反対側にある歯槽骨にも同じように歯根膜が入り込み歯と歯槽骨を結び付けています、また、この歯根膜はクッションの役割も果たしており歯に加わる力を和らげます。

このセメント質は有細胞セメント質と無細胞セメント質とに分類され、無細胞セメント質は歯根象牙質前面を直接覆っており、有細胞セメント質は歯根の根尖側の三分の一に存在し無細胞セメント質を覆っています。セメント芽細胞によって作られ多数の突起を持つセメント質は、有細胞セメント質の中にセメント芽細胞が存在し続けており必要に応じてセメント質を生成できることで、破壊されてもエナメル質には無い再生能力が備わっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.