インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

鼻腔(びこう)

鼻は「外鼻」鼻の外側の形を指し表面が皮膚に覆われ最下部には2個の鼻孔(鼻の穴)があり、下半分が軟骨上半分は頭の骨と繋がっている骨で中の構造を支えています。

「鼻腔」は鼻中隔によって左右の2室に分けられ鼻孔から咽頭(のど)までを繋いでいる管状の空洞で、外側の壁にはヒダ状の上から上鼻甲介(じょうびこうかい)中鼻甲介(ちゅうびこうかい)下鼻甲介(かびこうかい)と呼ばれる3つの粘膜に覆われた骨の突起があり、それぞれの鼻甲介の間に副鼻腔と繋がった穴が開いています。

鼻炎などでよく起きる鼻詰りはこの内の主に下鼻甲介の腫れが原因であることが多いようです。「副鼻腔」は鼻腔の周囲に広がる前頭洞(ぜんとうどう)、篩骨洞(しこつどう)、上顎洞(じょうがくどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)という内側を粘膜で覆われ、左右一対になった4つの空洞で構成されておりすべての空洞は前述の鼻甲介の間にある穴で鼻腔の空洞と繋がっていて、発声の共鳴効果、吸気の加湿や加温等鼻腔の働きを補助しています。

また内側にある粘膜からの分泌液で空洞内の雑菌や老廃物を鼻腔内に排出していますが、炎症が起きることもあります。この副鼻腔に起きる炎症は副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)と呼ばれています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.