インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

永久歯(えいきゅうし)

6才ごろ乳歯には存在しなかった6番目の歯である第一大臼歯(六歳臼歯と呼ばれます)が生え始め、生え変わる期間や順序に個人差はありますが一般的には前歯から奥に向かって生え、最後に第一大臼歯の奥に第二大臼歯が生えて永久歯が生え揃うことになります。

大きく切歯(前切歯上下で4本側切歯上下で4本計8本あります)、犬歯(側切歯の横にある尖った歯上下で4本あります)、小臼歯(第一小臼歯上下で4本第二小臼歯上下で4本の計8本あります)、大臼歯(第一大臼歯上下で4本第二大臼歯上下で4本)の4種類に分けられ、通常上下あわせて28本あります。親知らずが全部生え揃った状態では32本になります。

この親知らずと呼ばれる第三大臼歯は生えてくるのが非常に遅く、一生生えてこない人も多くいます。また乳歯の下にはまだ生え出ていない永久歯が育っていますが、虫歯の影響で生える場所が乳歯の生えている場所とずれてしまう、また形成過程で何らかの影響を受けまっすぐ生えることが出来ない、或いは永久歯が生え出ることが出来ずに吸収されてしまい乳歯脱落後はそこに隙間が生じてしまう等の理由で、永久歯の歯並びが大きく崩れてしまい矯正が必要になる場合もあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.