インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

唾液(だえき)

それぞれ対になって耳下腺、顎下腺、舌下腺と呼ばれる大きな唾液腺と口唇腺、舌腺、頬腺、口蓋腺などの小唾液腺から分泌される混合液のことを指します。

耳下腺からはたんぱく質や酵素が豊富なサラっとした液(漿液)が分泌され、顎下腺は漿液が主でたんぱく質や酵素の少ない粘液性のものとの混合液が、舌下腺からは粘液性が主になった混合液が分泌されています。その成分の99%は水分、0.4~0.5%程度の有機物(亜鉛含有タンパクなど)、無機物と微量のガスとなっており、正常では一日に1~1.5リットル程度(安静時で0.7~0.9リットル)分泌され、その中に含まれるラクトフェリン或いはリゾチームなどが口腔内細菌の増殖を抑制する抗菌作用を持ち、粘性タンパク質のムチンが食物や口腔内に付着した細菌などを覆い胃へ送り込んでしまうことで口腔粘膜を保護しています。

また重炭酸塩やリン酸塩が口腔内の酸を中和しPHを一定に保つ緩衝作用やハイドロキシアパタイトが歯の表面を常に修復する再石灰化と呼ばれる作用で再生して虫歯を防ぎ、スタテチンがカルシウムと結合して歯を強化しています。一方口腔内は消化器官としての重要な働きも担っており、唾液に含まれるアミラーゼが消化酵素としてデンプン、アミロース、アミロペクチンなどの糖質を加水分解し食物の咀嚼や嚥下を円滑に行い、腸粘膜での吸収を助けています。

さらに噛む行為すなわち舌や頬の筋肉が頻繁に動くことで唾液の分泌が促され、噛めば噛むほど唾液の分泌が多くなり口腔内の汚れが洗い流されてきれいになります。これを唾液の持つ自浄作用と呼んでいます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.