インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

歯石(しせき)

食物の残滓をブラッシングせずに放置しておくとやがて細菌が繁殖し歯垢と呼ばれる白くやわらかい沈着物が歯に付着します。この歯垢が唾液中のカルシウムなどの無機塩類を吸着して石灰化し硬くなったものを歯石といい、概ね2日間口腔内に残滓が放置されていると歯石が出来てしまうといわれています。

よく噛んで食べる人とそうでない人では咀嚼時に分泌される唾液の量が違い唾液の持つ自浄作用によってその期間には大きく差が出ることがあります。ただ口腔内を不衛生にしていれば歯石の生成期間に相違があるとしても歯石は出来てしまいます。

歯石は虫歯、歯周病の大きな原因となり、その上酸化物や酸を生成し口臭を伴うこともあります。歯垢のうちはブラッシングだけできれいにとることが出来ますが、歯石は無機質が多量に含まれていて硬くブラッシングでは取れないため、歯科診療所で除去してもらうことになります。また歯石が付着したまま長期間放置すると、歯茎に炎症が起き炎症が進むと歯茎が赤く腫れて出血し易くなり、食物による刺激或いは痛みのためにブラッシングができないことでさらに炎症が骨へと進みます。

炎症で歯槽骨の吸収が起こり歯根膜によって歯槽骨とくっついていた歯根が露出し、支えを失った歯はやがて抜け落ちてしまいます。虫歯のように痛みがあって治療を必要とする場合と違い、歯垢や歯石は存在しているだけでは痛みもなく炎症が起きない限りは放置されがちです。しかし炎症が起きてからでは治療に必要な費用や時間は歯石除去に比べて格段に大きくなるため、定期的な歯石の除去をお勧めします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.