インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

歯垢/プラーク(しこう)

食事の後ブラッシングをせずに放置しておくと白くて柔らかいものが歯の表面に付着します。これは食物の残滓に繁殖した細菌の塊で歯垢(プラーク)と呼ばれ、驚くほどの増殖力を持っていてそのまま放置してしまうと、その歯垢に唾液中の無機塩類が吸着し歯にとってはさらに手強い歯石へと変身します。

よく噛んで食べる習慣を身につけていれば、唾液の分泌が盛んになりその自浄作用である程度の歯垢は流されてしまいますが、唾液の持つ自浄作用にだけ頼っていては健康な歯周環境を作ることは不可能です。食後は必ず一本一本の歯を正しくブラッシングし歯垢をしっかりと落としておくことが大切です。

最近は歯間ブラシや、フロス(糸ようじ)など従来の歯ブラシでは出来なかった歯の隙間ケアが容易に出来るようになっていますので、それらを上手に使って口腔内を清潔に保っておきたいものです。

また食後の歯磨きは絶対に欠かさない人でも、おやつの後の歯磨きまでちゃんとしている人は多くないかも知れません。まず、おやつや間食には歯にくっつきやすい食品は避け、歯磨きが出来ないのであれば「うがい」をしておくことで細菌の増殖を抑制するのに少しは効果があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.