インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

虫歯(むしば)

口腔内で唾液腺から分泌される唾液の中に含まれるラクトフェリン或いはリゾチームなどが細菌増殖を抑制し、粘性タンパク質のムチンが食物や口腔内に付着した細菌などを覆って口腔粘膜を保護し、また重炭酸塩やリン酸塩が口腔内の酸を中和しPHを一定に保つ緩衝作用を持ち、ハイドロキシアパタイトが歯の表面を再石灰化と呼ばれる作用で再生し虫歯を防いで、スタテチンがカルシウムと結合して歯を強化しています。

これほど優れた多くの働きを持つ唾液が口腔内には常に供給されていますが、これらの能力以上の負荷が口腔内にもたらされた場合には虫歯が発生します。

食物をよく噛まない、糖質の多いものや粘着性の食物を好む、間食が多い、食後の歯磨きをしない、など歯の健康にとってマイナスとなることが継続的に行われると、唾液の働きが十分生かされません。

まず歯にこびりついた食物の残滓に細菌が付着し歯垢を作り、歯磨きをしない歯には細菌の餌が供給され続け、細菌は驚異的なスピードで増殖しながら歯垢を作り、作り出した歯垢の中で酸を作るということを繰り返します。

これら細菌によって作られた酸や、歯垢中の細菌のある種のものが生成する酵素などが、体内のどの骨よりも硬いとされている歯のエナメル質を溶かしてしまうことが原因となって虫歯が引き起こされます。虫歯は自然治癒することがありえないため早めに治療を受けることが何よりも大切です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.