インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

歯周病(ししゅうびょう)

歯周組織に発生する様々な疾患の総称で、歯肉に限定されて炎症が起こる歯肉炎と歯槽骨など他の歯周組織にも炎症がおこる歯周炎がその代表とされています。歯垢が原因であるといわれますが、単に歯垢だけではなく多くの複合的な原因によって発生するとされています。

ただ歯周病の中には歯垢が原因とならない非プラーク性のものもあります。長い時間かかって歯と歯肉の間にたまった歯垢や歯石に細菌が吸着繁殖し、歯と歯の間にある乳頭歯肉と呼ばれる三角形の歯肉にまず炎症が起きその周りの歯茎にも広がって腫れてきます。このとき歯肉と歯の間にはポケットと呼ばれる溝ができており、これが歯根側に広がると溝が深くなり、細菌の絶好の潜伏場所となってしまいます。

乳頭歯肉がプクッと腫れた時点でできちんとしたケア(歯垢をとり歯茎のマッサージ)を行うことで、さらに恐ろしい歯周炎をある程度防ぐことができます。ケアをしないで放置すると重症化して歯周炎となり、歯槽骨に炎症がおこり骨の吸収(溶けること)が始まります。歯槽骨が溶け出すと歯槽骨と歯根網で繋がっている歯は歯根がむき出しになり、歯槽骨という土台を失いどこにも固定されていない歯は抜け落ちます。歯には再生力や自然治癒力はありません、健康を支える大きな役割を担っている歯を私たち自身がもっと大事にしたいものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.