インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

歯周炎(ししゅうえん)/歯槽膿漏

歯垢や様々な要因が絡み合って起きるといわれる歯肉炎が重症化すると歯周炎になります。

歯肉炎で深くなった溝で増殖した細菌が、より深い所へ潜入増殖し歯周ポケットと呼ばれる絶好の潜伏場所を作ります。また歯肉炎のうちに除去しなかった歯垢が放置している間に手強い歯石になってしまうなど、軽症の歯肉炎のうちに正しいケアを怠ると状況はますます悪化してしまいます。

歯周ポケットで増殖した細菌は歯根から歯槽骨に達し、ついには歯槽骨に炎症がおこり骨の吸収(溶けること)が始まります。なお加齢による骨密度の低下や骨量の減少など骨の吸収を助長する他の要因が存在している場合は、骨の吸収がより早く進むとされています。

そして歯槽骨が溶け出すと歯槽骨と歯根網で繋がっていた歯は歯根がむき出しになり、炎症が及んでいない歯槽骨の上に乗っているだけのきわめて不安定な状態になり、抜け落ちてしまいます。

歯周炎は歯周組織に限定的な疾患であると思われがちですが、栄養や運動或いは生活習慣など、全身の健康に必要な要素すべてが歯の健康にも不可欠で、歯の健康は全身の健康に不可欠であるという重要な関係が骨密度や骨量だけを見ても成り立っているといえます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.