インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

クレンチング

重いものを持ち上げる時、睡眠中、何かに熱中している時、無意識にしている食いしばりの事をクレンチングとよびます。いわゆる歯軋りの一つで歯には相当な圧力がかかっています。

よく引き合いに出されますが、バッターがボールをたたく瞬間、歯にかかっている圧力は想像を絶するほど大きく、長期間現役でプレーし続けると歯はボロボロになってしまうそうです。意識を持って食いしばるのであれば力の加減が可能なのですが、無意識であるがゆえに却って思いもよらない大きな負担が歯にかかっています。

歯への過度の圧力は歯周組織のみならず顎の骨やその周辺にある筋肉、首の骨や筋肉ひいては全身に影響を及ぼすことになります。人間の体はどこかに弱点が出来るとそれを補完するためのシステムがあり、歯周組織の疾患といえども全身の健康状態に大きく関わってくることが分かっています。このクレンチングは自覚症状もなく、外部も気がつかないため発見が遅く歯周組織の疾患が起きるまで放置されることも少なくありません。

しかし最近、様々なスポーツの現場において歯の保護を目的としてマウスピースが多用されるようになってきていますが、歯の健康が全身の健康に関わるという意識が高まってきているからかもしれません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.