インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

タッピング

グラインディング、クレンチングと並んで歯軋り(ブラキシズム)の一つに挙げられています。言葉通りタップダンスに象徴される「カチカチ」という音をたてて上下の歯をかみ合わせる動作のことです。

グラインディングがすり合わせてギリギリ、ギシギシというのに対してタッピングに関しては横へのすり合わせは行われないため、歯の磨耗はグラインディングに比べると少ないといえますが、上下の歯同士が直接ぶつかり合うことで欠損の可能性は否定できません。

咀嚼の場合は歯と歯が直接ぶつかることはなく、歯と歯の間には食物が存在しており、しかも咀嚼は意識的に行っている動作であるという点でタッピングとは大きく違っています。タッピングは睡眠中などに無意識に行われるため必要以上の圧力が加わり、骨よりも優れた強度を持つエナメル質にさえ欠損をもたらすことがあります。このわずかな欠損部から口腔内細菌の侵食がおこり歯周組織全体に及びます。

ただクレンチングのように静かに進行し歯周組織に大きなトラブルが起きるまで気づかず放置してしまうということはまず有り得ません。「カチカチ」という音を立てることで周囲から注意喚起され、グラインディングと同様就寝時にマウスピースを着用するなどの方法で、決定的なダメージから歯を守ることが出来ます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.