インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

オールセラミッククラウン

白いセラミック(陶器)だけでつくられた冠で、既存の歯を一回り小さく削った上に被せ、歯並びや形を美しく整える治療法です。

従来の治療と比べセラミックのみを使用するので、金属アレルギーがある人にも対応でき、金属が溶け出して起きる歯の着色もなく、歯と歯肉の境目が黒くなることもありません。また光を透過するので審美的にも美しい口元を作ることが出来ます。

欠点としては割れやすいことがあり、歯軋りをする人には適していません。また既存の歯をかなり大幅に削らなければならないこと、或いはすべての冠(被せもの)に共通した問題ですが、歯茎が後退してしまった場合冠の根元から自歯が覗いてきます。自歯といつまでも変色しないオールセラミッククラウンとの色の差は、想像を超えたものになっていると思います。そのため歯茎の後退にあわせてオールセラミッククラウンの作り直しが必要になるかも知れません。

また、素材が硬く加工には高い技術が必要とされ、技工士の技術の差で装着性に大きな相違が生じることもあるようです。保険の適用がない治療で診療所によってまちまちですが一本あたり5万円~20万円の範囲で設定されており、安くないオールセラミッククラウンの治療を受けるに際しては、診療所選びも含めて十分に検討する必要があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.