インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

抜歯(ばっし)

最近、歯科治療においては抜歯(歯を抜くこと)によって口腔内に生じる様々な影響を重く見る傾向が強く、可能な限り歯を残して治療することが多くなっています。

しかし、う蝕(虫歯)、歯髄炎、歯周病が極度に深刻な状態まで進行し、歯根部分に病巣が存在し将来にわたり治療が不可能であると判断される歯は抜歯を行います。またその存在が隣接する歯や歯周組織に悪影響を及ぼすことが明白な場合や顎骨骨折の治療のためにやむをえない場合なども抜歯することがあります。

抜歯した歯の周囲の歯がその空いたスペースに向かって倒れてきたり、かみ合わせ相手の歯が抜歯後のスペースに向かって伸びてきたりします。また隙間が出来てしまうため、発音の際に空気が漏れて明瞭な発音が出来なくなることもあります。なにより今まで存在していた歯が一本減ることで不正咬合のリスクが格段に大きくなり、口腔内環境の悪化に繋がることが懸念されます。

これらは、抜歯したまま放置することで起こる問題ですから、空いた隙間を埋める手段を講じることで解決できます。健康であったときの自分自身の歯には遠く及びませんが、ブリッジ、部分入れ歯、インプラントなど歯根がなくなっても歯を復元する手段はいろいろと用意されています。抜歯の痛みがなくなり傷口が完全に塞がった早い段階に歯科医と相談し、経済的に負担できる範囲内の復元治療で健康を守りたいものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.