インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ブリッジ

虫歯、歯髄炎、歯周病などの深刻な症状によって止むを得ず抜歯し、歯と歯の間に大きな隙間が出来てしまうと、周囲の歯が傾いたり動いたりして不正咬合の原因となり、ひいては歯周組織の重大な疾患を誘発することになりかねません。失った歯の隙間を人為的に埋めることで、これらのリスクを最小限に食い止めるための治療は大きくわけて三つの方法があります。

ブリッジはその一つの治療方法で、特別に高価な材料を使わない限り保険の適用が認められていることから多くの人がこの治療を受けています。ブリッジの治療法は、欠損歯が一本の場合両隣にある健康な歯を少し削り、橋 (ブリッジ)における橋脚の役目を果たす支台歯を作ります。支台歯は冠の形状、欠損歯部分は歯冠部全体の形状、この3歯が連なった形の補綴物を両隣の支台歯に接着して、噛み合わせの調整をし装着に違和感がなければ完了です。

ただ補綴物の精度によっては健康であるはずの支台歯が悪い影響を受けることや、欠損歯部分の歯槽骨の吸収が早まることも考えられます。加齢や歯周組織の炎症などによる歯槽骨の吸収も支台歯への負担を増すことに繋がります。この上なく精緻でピッタリ合うブリッジに出会えても、健康な支台歯と歯槽骨に支えられて初めてその機能が十分に発揮されるのだということを認識しておきたいものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.