インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

入れ歯(いれば)

一本から複数の場合は部分入れ歯、全ての歯を失った場合は総入れ歯で対応する治療方法です。ブリッジ治療で必要な支台歯の確保が困難である場合などは部分入れ歯になることが多いようです。

入れ歯と一口に言ってもその種類は多く、義歯床がプラスチックでできているものは分厚くなりやすく、違和感があり安定性にかけるなどの短所があります。しかし保険の適用が認められているため、経済的な負担が少なく経年による不適合が生じても気軽に修理や作り直しが出来るという長所があります。

保険適用外の入れ歯としては、義歯床が金属で作られているもの、金属で作るため成型が薄く緻密にでき、プラスチックのものと比べて違和感は少なくなります。費用は上下どちらか一方のみで15万円~50万円の範囲で設定している診療所が多いようです。

また義歯床がシリコンで出来ているものもあります。材質が軟らかく咀嚼時の痛みが少なくなってしっかり噛めるようになりますが、汚れがつきやすいという欠点があります。現在使用中の入れ歯(シリコン貼り付けに適合性のある)上下どちらか一方に貼り付ける場合でおおよそ10万円~20万円の費用が必要となります。

また磁性アタッチメント義歯も現在多くの歯科診療所で採用されています。これは残っている歯根に磁石を埋め込み、磁石を埋め込んだ入れ歯と磁石同士の引き合う強い力で装着する方法で、入れ歯のずれや脱落が防げます。アタッチメント1装置で10万円以内程度に設定されているようです。

いずれを選択するにせよ人口歯は、加齢による歯槽骨の吸収や、歯肉の後退に対応することは出来ず、最適な噛み合わせを永遠に維持することは不可能であることを念頭において選ぶことが必要です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.