インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

詰め物(つめもの)

小さい虫歯 (う蝕)の治療に用いられる方法です。治療でできた小さな欠損に対し歯冠部を削ってまで被せ物(クラウン)にする必要がないと判断できる場合は、噛み合わせに支障が及ばない範囲において詰め物(インレー)で処置します。欠損部分が比較的大きい時や欠損の箇所によってインレーでは噛み合わせの圧力に耐えられない場合などは被せ物(クラウン)を用いた治療を行います。

保険適用が認められているインレーの材料としてはアマルガム(銀色の合金)やレジンなど数種類あり、経済的負担も少なくて済みます。しかし使っている間に合金の一部が溶け出すことがあり、レジンでは汚れが目立つようになります。

やや高額になりますが保険適用外のインレーも数多くあります。ゴールドインレーは人体との親和性が高く金属の溶け出しがなく安心ですが、審美性には劣ります。高い審美性を求めるのなら、セラミックインレーやハイブリッドインレーなどでの治療が良いかもしれません。

いずれのインレー・冠についても共通していえることですが、技工士の技術がその装着性を大きく左右しますので、装着した際違和感があれば遠慮や妥協をせず正直に伝え、念入りな調整を求める事が大切です。保険適用外のインレーについては調整に別途費用が発生するか否かを、保証期間やアフターケアの内容なども含めて治療前に十分確認しておきたいものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.