インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

差し歯(さしば)

虫歯治療の際、インレーの処置では十分な噛み合わせを得ることが出来ない時や欠損が広範囲にわたっている場合などに用いられる治療方法で、クラウン、被せ物などとも呼ばれています。オールセラミッククラウン、ハイブリッドセラミッククラウン、ジルコニアセラミッククラウン、メタルボンド、ゴールドクラウン、硬質レジン前装冠、金属冠などの種類があります。

現在保険の適用が認められているものは硬質レジン前装冠、金属冠の2種類で、以前は硬質レジンジャケット冠も保険治療の対象でしたが、強度的な問題で現在は余り使われていないようです。また保険治療の場合は前歯や犬歯の治療には、裏側が金属合金で目立つ表側にはレジンが貼り付けられた硬質レジン前装冠を使えますが、噛み合わせの際大きな力がかかる臼歯には金属冠しか使えないといった制約があります。保険治療は審美性の追及が目的ではなく歯が本来持つ咀嚼能力の回復を重要な目的としているからです。

この金属冠や硬質レジン前装冠の裏側には金銀パラジウム合金やニッケルクロム合金が使われます。強度は優れていますが溶け出した金属による歯への色素沈着や、歯茎の変色を引き起こすことがあります。保険適用外の治療についてはインレーと同じようにゴールドクラウンを除けば審美性は大幅に高くなります。ただ強度的な問題で奥歯に使用できない素材もありますので担当医と十分相談することが必要です。

費用の目安としては前歯或いは奥歯で異なってきますが、概ね一歯につきオールセラミッククラウン、ハイブリッドセラミッククラウン、ジルコニアセラミッククラウン、メタルボンド、ゴールドクラウンともに、3千円~7千円で済む保険適用の治療に比べると10倍から30倍に近い料金が設定されています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.