インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

再石灰化(さいせっかいか)

私たちの口の中では、食物を摂取するたびに歯の表面が溶けていてこれを脱灰とよんでいます。食事のたびに脱灰が起きているのなら、私たちの歯はもっと早い段階で溶けてなくなっても不思議ではありません。そうならないのは口の中で次の摂取までの間に溶けた部分を修復する再石灰化が行われているからです。

しかし脱灰のスピードが再石灰化の能力を大きく上回った場合は虫歯になります。食事をとると歯の表面についたプラークの中の細菌が食物に含まれる糖分を分解して酸を作ります。プラーク中の酸性度が上がると歯の表面にあるエナメル質の無機成分(ハイドロキシアパタイト)が溶け始めますが、唾液の働きによって歯の表面は1時間程で中性に戻ります。すると唾液に含まれているカルシウムやリンの供給がスムーズに行われエナメル質に再びハイドロキシアパタイトが生成されます。

この再石灰化と呼ばれる行程を繰り返すことで徐々に酸に強い歯が作られるといわれています。だらだらと食物が口に中にある状態では脱灰のための時間は長くなり、再石灰化のための時間が短くなってしまいます。そのため十分な再石灰化が行われず虫歯になってしまいます。

また、食事の頻度、食物の種類、咀嚼の回数、ブラッシングの回数や方法など様々な要因が脱灰と再石灰化のバランスに大きく関わっています。健康な歯を維持し続けるために、今の生活習慣や口腔内衛生を一度見直してみるのも良いかもしれません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.