インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

仮歯(かりば)

虫歯治療などで削って出来た欠損部を埋め、実際に装着するインレー、クラウン、ブリッジ、入れ歯などが出来上がるまで仮に使う歯です。

専門的には仮封剤と呼ばれており、その場で固めて成形できる即時重合レジンという材料が多く用いられています。インレーのように歯科医師がその場で成形して欠損を埋める場合と、入れ歯やブリッジなどのようにあらかじめ型を取って技工所で作ったものを使う場合とがあります。

仮歯は歯の移動を防止することで実装着のインレー・クラウンなどがきっちりと収まるためのスペースを確保し、また削って露出した象牙質が酸に侵されることや食物の刺激で沁みたりすることを防ぐ役割も果たします。ただ仮歯の使用目的はあくまでも一時的なものとされており、本装着の際に外しやすいよう敢えて弱い接着力しか持たせてありません。そのために長期間にわたって使用を続けると、接着剤が溶けてきて仮歯と自歯との境目に隙間が出来ることがあり、この隙間から虫歯になってしまうこともあるようです。

材質についていえば、強度も咀嚼に不都合はないとは言えそれほど強いものではなく、また水分を吸収しやすいために変色が起こります。仮歯に不都合を感じないからといって、本治療をやめてしまったり、先延ばしにしたりすると仮歯の磨耗や接着剤の溶解が原因となって、より深刻な虫歯を引き起こす可能性があります。仮歯は所詮仮歯ということを十分認識し、完治を目指した治療の継続が必要とされます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.