インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

インプラント体(いんぷらんとたい)

インプラントは人工歯根、口腔インプラント、歯科インプラントなどとよばれる手術を伴う歯科治療の一つです。歯根にいたるまでの歯のすべての組織が失われた場合、歯の土台となる歯槽骨に、生体親和性が高く骨との結合性も高い金属を埋め込み人工の歯根を作ります。この人工歯根をインプラント体(フィクスチャー)といい、純チタン、チタン合金、チタン・ニッケル合金、人工サファイアなどの金属で作られています。

現在の治療現場においては純チタン、チタン合金が主流となっており、インプラント体が歯槽骨に接する表面にハイドロキシアパタイトをコーティングしているものもあります。この人工歯根を埋め込むためには歯肉を切開する手術が必要で、全身的な疾病を持つ人などでは手術が出来ない場合もあります。また人工歯根を埋め込むためには十分な厚さの歯槽骨が必要とされ、埋め込む場所によっては身体のほかの部分から骨を移植する手術や、人工骨を充填しその厚さを確保するなどの手段を講じることがあります。

ただこの人工歯根を歯槽骨としっかり結合させるためには、インプラント体埋入時に高い技術が必要とされ、インプラント体と歯槽骨との間に余分な隙間が生じると、骨との結合が不完全な状態になり、第二の永久歯とまでいわれるインプラントが短期間で使えなくなってしまいます。しかし健康意識の高まりや顕著な高齢化などによる症例の増加がインプラント体についての研究を促進させ、その機能は著しく向上しています。施術が簡単で歯科医師の技術に左右されることが少なく、しかも骨との結合度の高いインプラント体が開発されることも夢ではありません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.