インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

アバットメント

インプラント治療において、歯槽骨へのインプラント体埋入が第一段階とすると、このアバットメント装着が第二段階になります。インプラント体を埋入し、骨の質や量で個人差がありますが約2~6ヶ月かけて骨とインプラント体が結合するのを待ちます。

レントゲンなどで骨との十分な結合ができていることを確認した上で、一回法では上部構造(歯冠部)の台となるアバットメントが口腔内に露出した状態で結合を待つため、この時点で歯冠部を作るための型を取ることが出来ます。二回法では歯肉を切開しインプラント体の頭を出した状態で切開した歯茎の傷が癒えるのを待ちアバットメントを取り付けます。このアバットメントを接合した状態で型を取り、セラミックなどで作られた歯冠部を被せて治療が完了します。

アバットメントとインプラント体との接合部には咀嚼による大きな力が加えられるため、精密に接合できる構造が必要です。接合が粗雑に行われると異常な方向からの力がインプラント体に加わり、インプラント体が動揺して歯槽骨を傷つけることもあります。そのため年間数回の定期メンテナンスの時に、上部構造が固定式でないものについては歯冠部を取り外しアバットメントの接合状態の点検が行われます。

アバットメントに限らずインプラント体や歯冠部の保定技術などについても、近年はインプラントをする人が増えていることもあり、技術や材料の精度も向上してきています。しかし満足のいく治療を受けるためには、歯科医師の技術や経験が大きな割合を占めるという現実をふまえ、診療所選びは慎重に行わなければなりません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.