インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

バスケットタイプ

スクリュータイプとよく似た形をし、中空(中身が空っぽ)で側面にも複数の穴が開けられたインプラント体の一つの種類です。側面の穴や中の空間を骨が取り囲み入り込むことで骨との接触面積が広くなり、骨との結合が十分に行われた場合、咀嚼によって加わる力を効率よく歯槽骨に伝えることができるので、失った自分の歯に一番近い装着感があると言われています。

周囲から中空部分へも骨が巻き込んでいるため脱落の可能性も低いといえます。完璧な治療が出来た場合はインプラント体としては最強の能力を持つ反面、不完全な結合で上部構造からの力が加わった場合は、歯槽骨の破壊にも最強の能力を発揮することになり、歯科医師の技術が一番問われるインプラント体であるといえるでしょう。

インプラント体埋入時におけるドリル操作の技術、骨とインプラント体との結合度合いを見極めるための確かな技量と経験が、治療にあたる歯科医師には求められます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.