インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

人工歯根(じんこうしこん)

数種類あるインプラント体そのものを人工歯根と呼びます。歯の組織全部を失ってしまった場合に、生体親和性が高く骨との結合性も高いチタン合金などを歯槽骨に穴を開けて埋め込み、上部構造を取り付けるための土台とするものです。

現在主流となっている人工歯根(インプラント体)はスクリュータイプ(ネジ形状)・シリンダータイプ(円筒形状)ですが、他にもバスケットタイプ(中空構造)・ブレードタイプ(板形状)・骨との接着面にハイドロキシアパタイトをコーティングしたものなどがあります。ブレードタイプについては、強度的な面から現在では殆ど使われなくなっています。

いずれのタイプを用いるにせよ歯槽骨には人工歯根の埋入に耐えるだけの強度と量が求められます。歯周病などで骨の吸収が極端に進んでいる場合などでは、必要な場所に必要な量の骨を確保する目的で骨の移植手術が多く行われます。また人工歯根の埋入時には、簡単とはいえ麻酔をかけドリルで骨に穴を開ける手術を行うため、全身的な疾病がある場合はその疾病の担当医に相談することが必要となってきます。また喫煙者に対しては手術におけるリスク軽減を図るために、手術前に禁煙を求める診療所も増えてきています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.