インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ハイドロキシアパタイト

塩基性リン酸カルシウムのことで鉱物としても存在していますが、化学的には硝酸カルシウムとリン酸ソーダから作られます。脊椎動物の歯や骨を構成している主成分として知られていますが、人間の骨や歯を形作っているハイドロキシアパタイトはその結晶が、化学的に生成されたものや自然界に存在するものと比較すると不揃いであるため、一定のPH以下で溶けてしまいます。そのためエナメル質の90パーセント、象牙質ではその70パーセント、セメント質にはその60パーセントを超える割合で含まれているハイドロキシアパタイトが、食事などによる口腔内環境の酸性化によって早い段階で溶け出します。

これが脱灰とよばれる現象で、虫歯の大きな原因であるとされています。ただ脱灰したままでは歯は短期間で溶けてなくなるはずですが、そうならないのは、咀嚼の際に分泌される唾液にハイドロキシアパタイトの主成分であるカルシウムやリンが含まれていて、唾液の自浄作用で口腔内のPHが適正に戻ると、再びハイドロキシアパタイトが作られ溶け出した部分を修復しているからです。この働きは脱灰とは対極にあり再石灰化とよばれています。再石灰化が脱灰に追いつかない状態が続くと虫歯の発生がおこります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.