インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

一回法(いっかいほう)

口腔内検査、レントゲン検査、必要ならばCT検査を行い、骨の厚さや高さを計測してインプラント体の埋入本数や位置を決めます。一般的には局所麻酔をして歯肉を切開し歯槽骨にドリルで穴を開けます。そこにチタンやチタン合金でできたインプラント体を埋め込みますが、この時に上部構造を取り付ける頭の部分(ヒーリングアバットメント)を歯肉の上へ出しておき、歯槽骨とインプラント体の結合を待ちます。

この結合には早くても2ヶ月は必要で、骨の質や栄養状態、年齢的な要因などによってその期間は様々です。2~6ヶ月後、骨との十分な結合が出来ていることをレントゲンなどで確認しヒーリングアバットメントを取り外して、適切なアパットメントと上部構造を装着して完了します。手術は最初のインプラント体埋入時に一度だけ歯肉の切開を行うため一回法とよんでいます。

ただインプラント体の一部が口腔内に露出していることで、歯槽骨との結合まで細菌の侵入がないとは言えず、感染のリスクは高くなり、また感染が起きてしまうと治療のため一旦治療を取りやめざるを得なくなります。手術が一回で済むため体力的な負担は少ないのですが、治療中の口腔内衛生が何よりも重要な課題です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.