インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

GBR法(じーびーあーるほう)

歯周病や抜歯跡を長期間放置したことによって吸収や破壊が起こってしまった歯槽骨を再生させるための一つの方法Guided Bone Regeneration(骨再生誘導術)の略称です。

骨よりも回復力が優れている歯肉などの軟らかい組織が混入し、本来骨が回復するためのスペースを埋めてしまうことを防ぐため、歯肉を切開し骨の組織を再生させたい部分に専用の膜を貼り付けます。これで骨が再生するためのスペースが確保されます。専用の膜の上から歯肉をかぶせて縫合し再生ができるまで数ヶ月待つと、未熟ながらも新しい歯槽骨が再生され徐々に成熟します。今まで骨の量の不足でインプラント治療をあきらめていた人もインプラント治療を受けることが出来るようになってきました。

またインプラントを埋入する前にGBR法で骨を再生しておく方法と、インプラント埋入と同時にインプラント体を支柱にして膜を張り再生させていく方法とがあります。どのタイミングでGBR法を行うにしても、再生部分以外の歯の健康が再生治療の成否を大きく左右することから、治療中の口腔内衛生には普段にも増した配慮が必要となってきます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.