インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

自家骨(じかぼね)

インプラント治療を受けるための一番の要件はインプラント体を埋入する歯槽骨に十分な幅と高さすなわち量があることです。埋入に必要な骨の量が足りない場合、身体の他の部分から採取した骨を移植することが行われます。この移植をする骨のことを自家骨といい、他人の骨や牛の骨、人工骨、或いは骨補填剤で作られる骨と区別しています。

自家骨移植に使われる骨は主にオトガイ部(下顎の中央部)や下顎肢(下顎の親知らずがある位置の奥)、または脛骨(膝の下方)、腰骨などから採取されますが、人間にとってはどの骨も必要とされそこに存在しているのであって、決して無駄に存在している骨はありません。移植のために削り取れば、削り取った部分に何らかの不具合が生じる事が考えられます。

ただ自家骨移植はリスクのない骨の再生を実現することが可能です。また、研究開発が進んでいるとはいえ人工骨は、用いる材料によって骨を再生する能力を持たないものもあり、骨を必要とするスペースを埋める骨の代用品としての役割を持つに止まっています。また自家骨を移植したからといって経年的な吸収は避けられず骨の量は減ってしまいます。現在では自家骨に人工骨や骨補填剤などを組み合わせ、経年的な骨の減少を少しでも食い止めることを目指した治療が、行われるようになってきました。骨の再生は今後も歯科医療のみならず医療全般の研究課題となっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.