インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ソケットリフト

サイナスリフトが水平方向での増骨手法であるのに対し、ソケットリフトは垂直方向での増骨手法といえます。

歯槽骨のインプラント体埋入位置にドリルで穴を開け、上顎洞底部に約1ミリ厚さの骨を残します。専用の器具でその骨を上顎洞に向けてたたくことで、1ミリの厚さの骨がそれを覆っていた粘膜と共に上顎洞内に突き上げられ侵入した器具の周りにスペースが出来上がります。器具を抜いてインプラント体を埋入し歯肉の縫合をして、1年ほどするとそのスペースに骨が作られインプラント体との結合も十分出来ています。またインプラント体を埋入と同時に自家骨移植や骨補填剤を充填すれば、もっと早い期間で骨の再生を図ることが可能です。

再生する骨の量が余り多量でなく、最初のドリル穴もインプラント体埋入位置に開けることから、増骨過程でのインプラント体のずれは殆どなく、ソケットリフト手法による増骨治療とインプラント体の埋入が同時に行われることが多いようです。ただこの手法は既存の骨が薄すぎる場合は使えないことも多く、骨にはある程度の厚さが必要とされます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.